LOUD あらすじ

【LOUD】JYP×PSYのオーディション7話のあらすじや結果ネタバレ!感想と評判もご紹介!

LOUD あらすじ 7話

LOUD7話のあらすじや結果ネタバレ記事です!

LOUD第7話は『P NATION’s PICK』に突入し第4ラウンドへの戦いとなります。

奇才のPSYが作り出すパフォーマンスがとても凄いと話題になっていますね!

dTVでLOUDを日本語視聴する≫≫

これ以降はJYP×PSYのオーディション7話のあらすじや結果ネタバレ内容が含まれています!日本語視聴を楽しみにしている人にはオススメしません。

それでは今までに見たことの無いオーディションの第4ラウンドの『LOUD第7話あらすじや結果ネタバレ!感想と評判もご紹介!』を見ていきましょう!

 

【LOUD】7話のあらすじは!?ネタバレや結果あり!

まずは第6話のあらすじ振り返りです!

第3ラウンドが終了し、脱落者の発表がありました。

ここで脱落となったのは4人です!

第4ラウンドは合計26名の合格者となりました。

第6話を詳しく知りたい人はこちらの記事を参考に↓↓

≫≫LOUD第6話!第3ラウンドの結果は・・・

しかし、今回の第7話ではナム・ユンスンの姿が消えてしまいました。

第4ラウンドは25名で行う事となります。

 

LOUD第7話は第4ラウンド(P NATION’s PICK)へ突入!!

P NATIONの社内の案内のあと、個人のパフォーマンス披露へと移りました。

PSY特有のオーディションの仕方でしたね!

PSYの即興ミッションのルール

HIP POPの『HIPさ』を表現するパフォーマンスを2時間で準備し、披露する!

全員が盛り上がって楽しそうにパフォーマンスを行っていたのが印象的でした。

そこにPSYさんも加わる場面もあり、一緒に楽しむおじさんの姿は良かったですね!

始めは不動の1位イ・ゲフンからでした。

日本人メンバーのコウキ君の韓国語通訳をするアマル君の姿も微笑ましかったですね。

 

ラストを盛り上げたのはケイジュ!

パフォーマンスで盛り上げたのはもちろんですが、PSYはケイジュ君が第1ラウンドでJYPが「なんでこのオーディションに来たのですか?」とオーディションを受けた動機を伺ったのにケイジュ君は「飛行機出来ました」と珍回答をしてからケイジュ君いじりにはまっているような印象を受けます。

ケイジュ君の反応も、とても可愛く視聴者からも人気の高いシーンの1つでした。

 

【LOUD7話】第4ラウンド本番へ突入!そのルールは!?

楽しいP NATIONでのトレーニングを終え、いよいよ第4ラウンドへ突入です。

第4ラウンドまでくると実力者しか残っていなので、誰が落ちてもおかしくありませんね!

第4ラウンドのルール
  • チームパフォーマンスを行う
  • 【K-POP組】と【音楽創作組】の2チームに分かれる
  • JYPがチームの得点を100点満点で決める
  • 1位のチームは脱落者なし
  • 2位のチームから1名脱落候補が選ばれる
  • 3位のチームから2名脱落候補が選ばれる

基本的には第3ラウンドと変わりはありませんが、第3ラウンドは事前に脱落候補の人数が定まっていなかったが、今回の第4ラウンドは脱落候補が事前に決められています!

 

第4ラウンド1組目に日本人参加者のハルトが登場!

前田晴翔、ド・ミンギュ、オ・ソンジュン、パク・ヨンゴンの4人チームです。

チーム【カウントダウン】得点は90点を獲得!

個人順位

  1. パク・ヨンゴン
  2. オ・ソンジュン
  3. ド・ミンギュ
  4. 前田晴翔

なんとハルト君が最下位と言う結果に。

JYP「ラップの時に楽しさがない。ナレーションを聞いているように感じた」と酷評を初めて受けました。

今まで悪い評価を受けてこなかったが目立ったいい評価を受けても来ませんでした。

ハルト君は非常にピンチかもしれません。

このルールに疑問があるとしたら、個人の順位をつけるのが、JYPの評価を聞いた後に、PSYが順位を付けるので結局は、餅ゴリ先輩が言っている事を含めて評価をしているように見えてしますのがとても残念です。

JYP、PSYがそれぞれ得点や順位を決定してからその後にパフォーマンスの評価をしてくれた方が、見ていて納得できると思いました。

 

2組目はエース・チュン・ジュンヒョク登場!

2組目はダニエル・ジカル、チュン・ジュンヒョク、キム・ドンヒョン、ユン・ミンの4人でパフォーマンスを披露!

チーム【俳優】得点は95点を獲得!

個人順位

  1. ダニエル・ジカル
  2. チョン・ジュニョク
  3. ユンミン
  4. キム・ドンヒョン

ダニエル君は毎回とてもいい評価ですね!ラップの能力や作曲の能力が高く評価されており、パフォーマンスを披露するたびに評価は上がる一方な気がします。

今回PSYに披露したラップの韻の踏み方も天才的でしたね!

JYPがダニエル君にこんな質問をしました。

J.Y.Park
J.Y.Park
K-POPアイドルの人生がどんな物か知っていますか?

評価の前にこんなこと聞かれたらとても怖いですよね?

J.Y.Park
J.Y.Park
他の自由な国からK-POPアイドルをしてみると「仕事と人生のバランス」が仕事に偏った生活になり数年が経過してしまいまいます。その時に混乱する人もいます。しかしそんな時は、ファンが自分を愛し、応援してくれるので受けた愛を恩返しするように仕事に没頭するようになる。

とても深い話をし始めました。その背景にはダニエル君の才能がとても欲しいからと言っていました。

ここまでの評価を第4ラウンドで受けているという事は、合格は間違いなさそうですね。

少し悔しいのが、ユンミンの声があまり評価されないことです。

ユンミンの歌声は視聴者からもとても人気があります。とてもいい歌声で聞き飽きないですよね!

しかしながらいつも順位は下の方です。

JYPとPSYはあまり魅力的には感じていないのでしょうか?

 

ラストのチームは高得点!

3組目ラストにパフォーマンスを披露したのはリム・キョンムン、リー・スジェ、カン・ヒョンウ、ウンウィの4人です!

チーム【安全ピン】得点は95点を獲得!

個人順位

  1. ウンウィ
  2. リム・キョンムン
  3. カンヒョンウ
  4. イ・スジェ

この組ではウンウィのラップ評価を高く評価しました。

作詞能力だけではなく実際にラップがうまいと高評価を受けました。

J.Y.Park
J.Y.Park
ダニエル君が耳の隣でラップをしているなら、ウンウィ君は目の前で歌っているような感覚を受ける。

  と高評価!

その他にも、リム・キョンムンが前回「高音で圧倒してほしい」と指摘されていましたが、今回は高音がとてもうまく出せていたと高評価を受けました!

JYP得意の飴と鞭なのではないでしょうか?

 

第4ラウンド最初の脱落候補は誰?

この結果から脱落候補が決定をしました!

安全ピン    - 96点
俳優      - 95点
カウントダウン - 90点

これにより脱落者はこの3名です!

  1. 前田ハルト
  2. ド・ミンギュ
  3. キム・ドンヒョン

ドンヒョン君に関しては毎回評価が良くありません。

脱落の最有力候補と言えるでしょう。

しかしミンギュ君に関してはやっと第3ラウンドで放送され100点と言う快挙を達成し褒められたばかりなので次の第4ラウンドではまさかの脱落候補に。

何が起こるかわかりませんね!

 

【LOUD:ラウド】7話あらすじの感想や評判は?

LOUD第7話も内容盛りだくさんでした!

LOUD第7話あらすじの感想や考察・SNSの評判や反応を紹介します。

 

【LOUD】7話の感想・考察

LOUD第7話はとても見どころが豊富でした!

P NATIONでの練習は参加者が楽しんでいるのがとても印象的でしたが、一番楽しんでいたのはプロデューサーPSYでした!

第4ラウンドまでくると参加者同士の仲がとても深まっているように感じ取れました。

本番では第4ラウンドだけあり更にパワーアップをしたパフォーマンスの披露が始まりました。

先ほども書きましたが、残念な点はPSYの個人順位はJYPの評価をした順位そのものが繁栄されたこと。

先輩の意見は尊重するのはわかりますが、PSYはPSYの目線で評価してもらいたかったです。

なんの為に審査員が2人いるのかわからない審査となっているのでそれがとても残念でしたね!

番組内で紹介された視聴者投票の結果を詳しく知りたい人はこちら!

 

【LOUD】7話のSNSの評判・反応

ハルト君が脱落候補になったことを悲しむ声がやはり多かったですね。

まだ脱落が決まったわけではないので最後まであきらめずに応援し続けましょう!!

 

日本語視聴はdTVだけ!31日間無料
LOUDをフル視聴する≫
 

【LOUD】JYP×PSYのオーディション7話のあらすじや結果ネタバレ!感想と評判もご紹介!:まとめ

LOUD7話のあらすじや結果ネタバレを紹介しました。

PSYのラウンドに変わりとても楽しそうにレッスンを受けているのが見ていて楽しくなりましたね。

いつも日本人参加者はとてもいい感じでピックアップしてもらえるので助かります。

第4ラウンドの『P NATION PICK』はまだ続きますが、パフォーマンスはPSYの独特な色が出ていて満足しました!

しかし採点の仕方に不満を持つ人も増えてきたが事実です。

人数が減れば減るほど推しのメンバーのリスクが上がるので不満が出るのはわかります!

視聴者全員が納得できるような選び方は恐らくできないと思いますが、ラウンドが進むにつれ、JYPとPSYの評価が的を得ているかによってLOUDの評価も変わってくるような気がしています。

『【LOUD】JYP×PSYのオーディション7話のあらすじや結果ネタバレ!感想と評判もご紹介!』を最後までご覧いただきありがとうございました。