Who is Princess?

フーイズプリンセス11話ネタバレあらすじ!ミッション5スタート!

『Who is Princess? -Girls Group Debut Survival Program-』が、10月からの新番組として日本テレビ「シューイチ」で放送がスタートしました!

フーイズプリンセス(フープリ)第11話ネタバレあらすじを紹介します!

第10話ではミッション4の3チームとものパフォーマンスが終了し、3人目の脱落者はCOCOという結果になりました。

そして今回第11話ではついにセミファイナルミッションがスタート!

フープリ初のチーム内衝突?!からの、チャレンジャー組の脅威のシンクロ率パフォーマンス!

シューイチでの放送は今回チャレンジャー組の練習、本番(一部)のみしか放送されませんでした。やっぱりフルバージョン見る方がメンバーのこともわかりますし何倍も楽しめます!!!

Huluでフルバージョンが配信されていますので是非視聴してみましょう!

≫≫フープリ視聴方法まとめ!

≫≫Huluで第11話のフルバジョーンを見る

それでは早速『フーイズプリンセス11話ネタバレあらすじ!ミッション5スタート!』を見ていきましょう!

 

フーイズプリンセス11話ネタバレあらすじ!ミッション5スタート!

画像

第11話ではついにセミファイナルミッションがスタート!

その内容やルール、脱落者は何名出るのでしょうか?新たなボーカルの鬼とは誰?

ずっとチャレンジャーチームにいるYUKINOはプリンセスチームに昇格できるのか?

さっそくみていきましょう!

セミファイナルミッション:ミッション5の内容

コラム>BLACKPINK、北米でライブ経験がないにも関わらず何故アリーナ・ツアーが決定したのか | Daily News | Billboard JAPAN

セミファイナルミッション(ミッション5)はGIRLS GROUP PERFORMANCE BATTLE!

K-POPを代表する楽曲をプリンセス VS チャレンジャーで対決。

そしてこのミッション5で脱落者は2名出ます。

それぞれの課題曲はこちら。

  • プリンセスチーム WANNABE/ITZY
  • チャレンジャーチーム How You Like That/BLACK PINK

ダンスと歌もですが、全員に「韓国語で歌う」という言語の課題がのしかかります。

ミッション4終了時点のプリンセス・チャレンジャーチーム

ミッション4終了時点のチームの詳細はこちら。

プリンセスチーム チャレンジャーチーム
NANA UTA(降格)
NIJIKA RAN(降格)
RINKO(昇格) RIN
YUMEKO(昇格) YUKINO
HONOKA(昇格) RIO(降格)
YUU(昇格) AINA(降格)

プリンセス、チャレンジャーチームそれぞれ4名ずつ入れ替わりがありました。

今回のミッションでは誰がプリンセスにあがれるのか?そして脱落者2名は誰になってしまうのか?

 

新たなボーカルの鬼!キム・ソンウン

ミッション5では全員がぶち当たる壁「韓国語で歌う」ということ。

そのために新たばボーカルの鬼としてキム・ソンウン先生が来てくださいました!

BTSやTWICEなど有名K-POPアーティストを指導するすごい方です。

チャレンジャーチーム 初の衝突?!ダンス・ボーカルレッスン

画像

チャレンジャーチーム UTA、AINA、YUKINO、RIN、RIO、RANの練習風景、本番パフォーマンスについて解説します!

フープリ初の衝突?!メンバー不仲?!色々と事前に聞かされていたもので不安になった方も多いと思いますが実際はどうなったのでしょうか?ではみていきましょう!

 

リーダーはRIN。AINAとRIOが振り入れ担当

課題曲:How You Like That/BLACK PINK

”どんな状況でも高く飛びあがろう”というメッセージをパワフルなビートとダンスで表現した楽曲

<ダンスのポイント>

  • サビが1番2番で違うスタイルの振り付け
  • エンディングでは腕を開いて構成変更
  • 床に座って動く振り付け

リーダーは最年少13歳のRIN。

ウンギョン先生にも「お姉さんばかりだけど大丈夫?」と心配されますが「はい!」と強気で自信に溢れるRIN!「私がリーダーということは勝てる」というRIN、運営スタッフさんたちから「将軍」というあだ名もつけられ気に入っているようです。この強さが彼女の良さですね。

振り入れではダンス経験の長いAINA(ダンス歴13年)とRIO(ダンス歴11年)が中心になって教えます。

K-POPグループのバックダンサーの経験もある最年長のAINAダンスの鬼ウンギョン先生からの信頼も厚いRIO その2人がどうチャレンジャー組を引っ張っていくのでしょうか。

フープリ史上初メンバー同士の衝突!流れを変えたのはYUKINO

ダンスの振り入れのときから振り入れを率先して行うAINAとRIOの意見の衝突。

「こうじゃない?」「いやこうでしょ」いろんな意見が次々に2人から出てくるのでどの意見を採用したか思い出せなくなり混乱するメンバー。AINAとRIOの意見が合わないのでチームもまとまりません。

まとまりのなさはダンスレッスンでもウンギョン先生に「みんなが好きなように踊るのは一般人がやること」と言われ、見破られてしまいます。

YUKINOとRANの動きが揃わない、手を伸ばして横並びウォーキングする振り付けが合わないなど全体的に揃っていないと指摘されます。

ここで危機感を持ったのがRANとYUKINO。練習の仕方でさえも揉めてしまうチャレンジャーチーム。練習前にYUKINOが勇気を振り絞って本音を打ち明けました。

課題曲をみんなで作り上げていくことにちゃんと向き合って全員で協力して仕上げた方がいいと思うから、発言する時あっちで発言 こっちで発言っていうのを止めてできたらいいなと思います。私含めて」このYUKINOの意見に対してメンバー全員同意!RANちゃんも頑張って本心をぶつけていました。

この話し合いをキッカケに練習の様子も一変!!!リーダーRINを中心にまとまりを見せ次のダンスレッスンではダンスの鬼、ウンギョン先生に初めて褒められました!

ソンウン先生によるオンラインボーカルレッスン!

画像

なんとオンラインでボーカルレッスンをするソンウン先生。

歌を一通り聴いたあと全員の歌へのイメージを揃えるためにそれぞれの自分のパートがどんな雰囲気かわかるか?と問います。

次にダンスもしながら歌い、ソンウン先生に見ていただきました。

ソンウン先生は「1番は良くなったが2番からは体力が足りないんじゃないかと思います。」と言い、全員にスクワットの状態で歌うよう指示します。これはかなりきつい・・コアを使いながらフルコーラス歌い切る体力をつける練習です。

エネルギーがあると集中力が高まる、そうすると歌によって表現するキャラクターがブレないのでキャラクターを貫き通せます。」とアドバイスを受け、チャレンジャーチームはさらに練習に励みます。

 

脅威のシンクロ率!チャレンジャーチーム圧巻のパフォーマンス

画像

それではチャレンジャーチームの本番パフォーマンスについて紹介します!

本番では新たに審査員の方2名加わりました。

新たな審査員!GARACTICA*

審査員は引き続きウンギョン先生と新たな審査員としてキムソンウン先生、世界的なヒットお曲を多数手掛ける有名K-POP GROUPプロデューサーGARACTIKA*の2人、FRIDAYさんとCHANGさんが来てくださいました。

GARACTIKA*は今回のプリンセスチームの課題曲ITZY「WANNABE」などヒットソングを手掛ける有名音楽プロデューサーです。Who is Princess?のテーマ曲「FUN」も手がけられたのものGARACTIKA*です。

本番パフォーマンス!先生たちの評価は?

シューイチでは全カットされていたラップパートはRANちゃんとAINAちゃんでした!

先生たちの評価はいかに?!

CHANG(GARACTICA*)

「BLACK PINKはデビュー6年目ですがステージを見るとディテールがとても深く追求されています。今回みなさんのステージを見た時練習生とは思えないくらいうまく再現できていたので良かったです。表情もとても良かったし楽しく見させてもらいました。」

FRIDAY(GARACTICA*)

「私は何よりも自然でよかったなと思いました。不自然というのは自分の色を知らないということだと思っているので、自然で自分のことをよくわかってるんだなと思いました。」

ソンウン先生

表情や冒頭のキャッチフレーズのところからUTAのAメロに続く集中力にRIN将軍の魅力と可能性を感じました。最初のUTAからYUKINOにつながっているところ、歌のメインになっていく部分なので特に演技力を求めていたのですが、2人がとても頑張ってくれてこういった部分がいつか歌手になったときスター性の始まりになるのではないかと思うほど演技力が良かったです。少し残念だったのが2番のラップパート。本来なら存在感をアピールできるいいポイントなんですが、練習の時よりも出せていないような合っていない服を着ているような違和感を感じました。全体的に見れば期待以上のいいステージを見せてもらいました。」

ウンギョン先生

私的にはCHALLENGERとは思いませんでした。本当によくできました。」と日本語で伝えるウンギョン先生。(涙)

「ディテールもやらなければいけなくてチームワークを見せるのが難しい振り付けだけど、とてもよく頑張ってくれました。今日は短所を見つけられないぐらいいいパフォーマンスを見せてくれました。本当に成長したと思います。特に一番褒めたいのがUTA!今日のUTAはパフォーマンスに確信があったし自信もあった。とても輝いていたと思います。振り付けの消化力も上がりましたし今後がとても楽しみです。」

まさに称賛の嵐!チャレンジャーチーム、本当によく頑張りましたね。

フープリ11話ネタバレあらすじの感想・考察

画像

フーイズプリンセスの11話の感想や考察を紹介します。

第11話もSNSで様々な意見が飛び交いました!

フープリ11話ネタバレあらすじの感想・考察

いやいやもうめっちゃ上手すぎませんか・・・??チャレンジャーチームとは思えないと言ったウンギョン先生に全力共感です。最年少のRINがリーダーになって大丈夫かな?と思いましたがみんなが選んだ目は確かでしたね。本当に強くてブレないRINだったからこそまとめることができたんだなと練習シーンを見て感じました。やはりミッションが進むにつれてデビューが目に見えるとともに脱落の確率も上がり、一人一人の必死さが増していってるように感じます。急激に成長しましたよね、チャレンジャーチーム。必死さがあるからこそ意見が出てきて、ぶつかりあう。あの衝突も必要だったし、ぎこちなかったときに勇気を出して発言したYUKINOに拍手を送りたい。影のリーダーはYUKINOだったんじゃないかと思う。どうしても自分が生き残りたい!と我が出てきやすくはなりますが”みんなで作り上げていくことに向き合おう”と言ったYUKINOの視座の高さ。この視座を最後まで持てるのがリーダーの素質なんだと思います。

パフォーマンスはもう本当にみんな上手だった。個人的にはRIOの♪How you like that〜で射抜かれました。笑 あんな声出せるの?!表情やばくないですか?これはもう絶対デビューでしょ・・RINの歌声やあの13歳とは思えないかっこよさもハマってます。

他のみんなももうプリンセスも関係なく全員フープリとしてじゃなくてもデビューしてほしいと思った筆者でした。

フープリ11話のSNSの反応を紹介!

https://twitter.com/3nemu_i_/status/1469838329399353349?s=20

確かに中学生の喧嘩みたいな感じになってましたね笑

でもああやって本音を言い合える組織、グループって素敵と思います。大人になればなるほど忖度する傾向が強くなりますから。

ユキノちゃんはほんとに報われてほしい!これはずっとチャレンジャーからの大どんでん返しデビューでは?とひっそり思ってます。

 

フーイズプリンセス次回の展開は!?

次回はこちら。

ミッション5 プリンセスチームの発表!

チャレンジャーチームの結果を見る限り、プレッシャーが強くなりますね。

さすがプリンセスといえるようなぱフォーマンスを見せれるのでしょうか?!

次回も楽しみです!

フーイズプリンセス11話ネタバレあらすじ!ミッション5スタート!:まとめ

フーイズプリンセス11話ネタバレあらすじを紹介しました!

次回はプリンセスチームのパフォーマンスです!

「シューイチ」ではパフォーマンスや練習風景などかなりカットされていて、不満の声も多い様子。Huluではフルバージョンをみれますし、全部見ればメンバーや先生方のいろんな姿が見れてより「フープリ」を楽しめます!!

ぜひフルバージョンを見てフープリを応援しましょう!

『フーイズプリンセス11話ネタバレあらすじ!ミッション5スタート!』を最後までご覧いただきありがとうございました。