韓流ドラマ

麗<レイ>の感想とキャストやあらすじ【韓国ドラマ】王宮ロマンティックラブロマンス

韓国ドラマ 麗 感想

韓国ドラマ好きならこの作品は必ず観てほしい作品です。

胸きゅん度No.1、話題性No.1、韓流ドラマの歴史を変えると言われたロマンティック時代劇!

ここでは感想やあらすじとキャストについて紹介します。

『麗<レイ>ー花萌ゆる8人の皇子たちー』は現代の女の子が高麗時代にタイムスリップすると言うファンタジー時代劇なのですが…。

なんといっても出演者の豪華さは他の作品ではみられないほどです!

出演者にひかれて見た方も多いのでは?

出演者の豪華さから放送前から大きな話題を呼び、放送が開始されると引き込まれるストーリーで再び話題となりました。

それでは『麗<レイ>の感想とキャストやあらすじ【韓国ドラマ】王宮ロマンティックラブロマンス』を紹介していきましょう。

U-NEXTで無料視聴する≫

 

麗<レイ>ー花萌ゆる8人の皇子たちーの感想

題名にもあるように『麗<レイ>ー花萌ゆる皇子たちー』には8人のイケメン皇子が登場します。

このイケメン皇子ばかりがネットニュースでも取り上げられていましたよね。

しかし出演者にばかり脚光が当たっていましたが、ストーリーもよくできた内容になっていました。

兄弟同士の裏切りや、ロマンスに至っては三角関係なのか四角関係なのか…などなど、詰め込まれている内容は多く見応えは十分です。

8人の皇子の性格や立場がストーリーに上手く組み込まれているのも見どころですね。

また、現代の女の子であるハジン(IU)が過去にタイムスリップしますが、そのことで歴史が変わるのではないかと心配するシーンはリアリティがあってよかったです!

ファンタジーなストーリーですが、そこにリアリティーを足すことで全体的なストーリーやエンディングにも拍が付いていました。

登場人物が多いのでその人物の性格や立場、他のキャストとの関係性が複雑ではありますが、その分何度も観て楽しんでほしいですね!

 

豪華な出演者たち

それぞれが主役を演じるような役者が揃っているのが特徴です!

まずはヒロインのハジンとヘ・スを演じたIUですね。

≫≫IUが出演の作品ホテルデルーナーもおすすめです!

歌手にも関わらず演技者としても評価が高い彼女の今作での演技はまた別格でした。

すでに俳優として定評があったイ・ジュンギカン・ハヌルホン・ジョンヒョンキム・サノは言うまでもなく役にぴったりハマっていて素晴らしかったです。

若手俳優のナム・ジュヒョクユン・ソヌジスは、若手ながらも存在感があり、3人とも今作で一躍スターとなりました

アイドルであるEXOのベクヒョンは今作がドラマとしてはデビュー作です。

ベクヒョンは自身のキャラクターを活かした演技で評価は高く、”2016 Asia Artist Awards”で男性俳優部門人気賞を受賞しています。

 

歴史に関わるリアルなストーリー

ストーリーの中核になっているのが、8人の皇子達による王位継承争いです。

未来から来たヘ・ス(IU)は歴史をしっているため、誰が王になるのか知っています。

しかしスが皇子の誰かと恋に落ちてしまうと歴史が変わってしまうかもしれませんよね。

それに気が付いたスは歴史を変えないように行動をとるようになります。

スが歴史を意識し始めたことでタイムスリップというファンタジーな要素を含んだストーリーが急にリアルになり、関係性もより複雑になって面白みを増していました。

 

麗<レイ>ー花萌ゆる8人の皇子たちーのあらすじとキャストや作品情報をご紹介!

とにかく多い登場人物、そしてその登場人物が複雑に絡み合うことで先の読めないストーリーのあらすじや主要キャストを紹介します。

 

麗<レイ>ー花萌ゆる8人の皇子たちーのあらすじ

現代のソウル、化粧品販売員のハジン(IU)は湖に落ちた子供助けるため湖に飛び込みましたが、気を失ってしまいます。

ハジンが目覚めるとそこはなんと高麗時代。

ヘ・スとして目覚めたハジンは第八皇子のワン・ウク(カン・ハヌル)の屋敷で生活することになります。

次第にウクと惹かれ合うようになるスですが、ウクには病気の妻がいるため、あと一歩がお互いに踏み出せずにいました。

高麗での生活を受け入れ、ウクに見守られながら最初は活発に行動していたスですが、第四皇子のワン・ソ(イ・ジュンギ)や他の皇子たちと関わるうちに次第に王位継承争いに巻き込まれていきます。

またウクを慕っているスですが、そのスのことが気になるソの三角関係も王位継承争いを含むようになり複雑になっていきました。

皇子たちの間で振り回されながらも生きたくて必死にもがくスですが、次第に人が変わったようになっていき笑顔もなくいつもなにか思い詰めているような雰囲気でした。

逃げたくて仕方ないスとそばにいて欲しいウク、逃がしてやりたいソ。

ストーリーが進むにつれ3人の運命は複雑に絡み合いドロドロしたものになっていきます。

果たしてスの運命はどうなるのでしょうか。

歴史は変わってしまうのでしょうか。

 

第四皇子ワン・ソの顔の傷

まだソが幼い頃でした。

王に無下にされた皇后がソを人質に王に詰め寄りました。

どうしても意見を曲げない王に怒りを通り越した皇后はスの顔に刃物で傷を付けてしまいます。

命を落とすことはありませんでしたが、スの顔には大きな傷が残りました。

顔の傷以上に心の傷の大きさと深さは計り知れないものがりましたね。

その傷を現代で美容部員として働いていたスがメイクの技術で隠してくれるようになります。

そんなスにソは運命を感じているようでした。

 

王位を継承する者

王には皇子がなんと25人もいます。

皇居で暮らしている8人が王位に一番近いようですが、王位に興味のない皇子もいましたね。

王が亡くなると第一皇子のムが王位を継承しますが、第三皇子のヨの手に掛かり彼もまた亡くなります。

次の王はヨですが、心の病を抱えてしまったヨは自ら命を絶つことに…。

そしてソが王位を継承し光宗となりました。

母が違うといえど兄弟なのに王位を継承したい欲望から兄弟同士で命を奪い合う様子は理解しがたく異様なものでした。

 

麗<レイ>ー花萌ゆる8人の皇子たちーの主要キャスト

麗<レイ>-花萌ゆる8人の皇子たち-主要キャスト
  • コ・ハジン/ヘ・ス:IU
  • 第一皇子 ワン・ム:キム・サノ
  • 第三皇子 ワン・ヨ:ホン・ジョンヒョン
  • 第四皇子 ワン・ソ:イ・ジュンギ
  • 第八皇子 ワン・ウク:カン・ハヌル
  • 第九皇子 ワン・ウォン:ユン・ソヌ
  • 第十皇子 ワン・ウン:ベクヒョン(EXO)
  • 第十三皇子 ペガ(ワン・ウク):ナム・ジュヒョク
  • 第十四皇子 ワン・ジョン:ジス

 

麗<レイ>ー花萌ゆる8人の皇子たちーの作品情報

麗<レイ>-花萌ゆる8人の皇子たち-作品情報
  • 放送局:SBS
  • 放送期間:2016年8月29日~11月1日
  • 話数:全20話
  • 脚本:キム・ギュテ
  • 演出:チョ・ユニョン

放送当時人気作となっていた小説『宮廷女官 若曦(ジャグギ)』をドラマ『その冬、風が吹く』の名監督キム・ギュテがドラマ化した作品で話題になりました!

 

麗<レイ>のおすすめの視聴方法は!?

視聴方法はU-EXTがおすすめ!

麗<レイ>を見放題配信しているのはU-NEXTだけです。

簡単1分登録!31日間無料無料視聴する≫

31日間以内に解約すれば一切料金はかからず完全無料で楽しめるのが魅力です!!

 

麗<レイ>の感想とキャストやあらすじ【韓国ドラマ】王宮ロマンティックラブロマンス:まとめ

https://twitter.com/mij177_/status/1433633575249743922?s=20

ここまで『麗<レイ>-花萌ゆる8人の皇子たち-』の感想とあらすじをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

一度も観たことない人は観たくなったはずです!

一度でも観たことある人はまた観たくなったのではないでしょうか。

王位継承という現代とはかけ離れた題材ですし、登場人物の人間関係も複雑なのでゆっくりじっくり観て欲しい作品です。

よく見る韓国の時代劇と違い高麗時代の物語なので、衣装やアクセサリーが鮮やかできらびやかなのでその点にも注目してくださいね!

最後まで『麗<レイ>の感想とキャストやあらすじ【韓国ドラマ】王宮ロマンティックラブロマンス』をご覧頂きありがとうございました。