LOUD

【LOUD】イスンギの”スーパーエージェント”の役割とは!?9話『キャスティングラウンド』の見どころも紹介!!

LOUD イスンギ

この記事はLOUD第8話を見終わった人にオススメ!

LOUDの放送も折り返し地点まで来ており、回を増すごとに激しさが増しています。

第1ラウンドから実力者達のサバイバルオーディションが続いているので現在残っている22名はホントに厳選された強者と言えるでしょう。

LOUD8話の終わりに紹介されましたが、LOUD9話にはイスンギが『スーパーエージェント』と言う役割で緊急参戦する事が決定しました!

この記事では
  • イスンギの役割
  • みんな騒いでるけどこの人誰?
  • 9話”キャスティングラウンド”の見どころは?

LOUD第9話を前にイスンギや見どころなどを予習していきましょう!

 

【LOUD】イスンギの”スーパーエージェント”の役割とは!?

第9話から登場する事が明らかとなったイスンギですが、「スーパーエージェント」とはどんな役割なのでしょうか?

イスンギを知らない人にプロフィールや経歴も簡単に紹介していきます!

 

”スーパーエージェント”の役割①:参加者の本音を聞き出す!

イ・スンギがこのタイミングで導入されたのはLOUD製作スタッフが参加者達への配慮があったようです。

LOUD製作者
LOUD製作者

JYPとP NATIONという大きな会社の前で選択をしなくてはいけない状況の中で、会社の代表を目の前にして本音を聞き出すのは難しいです。

イ・スンギは参加者達を誠実にサポートでき、能力や経験も兼ね備えた適任者として彼を見込み、スーパー・エージェントとして迎え入れることになりました。

すでに参加者メンバーの長所や短所を把握していると言うイ・スンギは「参加者達の立場や意見を代弁する!」と語っていました。

イ・スンギ”スーパーエージェント”との個人懇談で参加者達の違った一面が観れるかもしれませんね!

 

”スーパーエージェント”の役割②:司会進行!

プデュ感が凄く出てしまいますね!

プロデュース48でも評判の良かった司会進行ですが、今回のLOUDでも参加者達を最後まで見守ると宣言していました。

LOUDでもイスンギが司会進行することにより、サバイバルオーディション感が更に増し、番組が見やすくなるでしょう!

 

【LOUD】に登場のイスンギとは誰!?

サバイバルオーディション好きならお馴染みのイ・スンギですが、わからない人の為に簡単に紹介します!

日本ではプロデュース48の代表で認知している人も多くいると思います。

 

イスンギのプロフィール

イスンギのプロフィール

生年月日: 1987年1月13日(34歳)
出身地: 大韓民国の旗 韓国ソウル
身長: 182cm
血液型: B型
職業: 歌手、俳優、タレント、HumanMade CEO
事務所 フックエンターテインメント(韓国)、HumanMade(韓国)

イスンギの略歴

高校入学と同時にバンド活動を始め、ライブ劇場でリハーサルをしていたところ、歌手のイ・ソニにスカウトされる。

2004年、アルバム『蛾の夢』をリリースし、17歳で歌手デビューし、PSYがプロデュースを手掛ける。

歌手デビューでPSYとの繋がりがあったので今回のオファーも快く引き受けたのだと考えられますね!

2007年からバラエティ番組『1泊2日』にレギュラー出演し、天然キャラクターを見せ、“虚堂(ホダン)スンギ”というあだ名とともに親しまれ、”国民の弟”と呼ばれるほど人気を上げていく。

その後も歌手や俳優と幅広く活動をしており、韓国で大人気の存在です!

AKB48グループが韓国のオーディション番組に参加し話題を集めた、『PRODUCE 48』では「国民プロデューサー代表」として参加者達の行方をそばで見守りました。

その時の司会進行はとても素晴らしく定評がありました!

 

LOUD”キャスティングラウンド”9話の見どころは!?

そんな”スーパーエージェント”を加えLOUD第5ラウンドで行われるのは、『キャスティングラウンド』です!

キャスティングラウンドラウンドのルールは第9話で説明があると思いますが、正式にどちらの事務所でデビューをするかを決定するラウンドです。

 

キャスティングラウンドは各社10人限定!?

JYPとPSYと掲げられたその下には、椅子が10脚ずつ置かれています!

10人ずつキャスティングされずと言う意味なのでしょうか?

第5ラウンドへ進んだメンバーは22人なので2人座る場所がありません。

椅子は台の下でも追加出来るのでどうなるかはわかりませんが、必ずキャスティングされると言うルールではなさそうですね。

どちらの会社も必要でなければここで脱落してしまうのでしょうか!?

JYPとP NATIONと各社10枚ずつ「キャスティングカード」を所持しているようです!

最大10枚なので使用しなければ10人以下もあり得るという事ですね。

 

キャスティングには電話がカギを握る!!

電話を使っているのは気になりますが、それより気になるのがJ.Y.Parkの服装ですね!!

流石スターと言いたくなるようなビジュアルです!一般人にはマネできませんね。

一体どこに電話をかけているのでしょうか!コウキ君など圧倒的な実力者はどちらの事務所も必要としているのでどのようなキャスティングスタイルなのか気になりますね!

 

第1ラウンドはキャスティングラウンドではなかったの?

視聴者から最も多かった疑問が「第1ラウンドはなんだったの?」という疑問。

視聴者の意見はごもっともですよね!

第1ラウンドではJYPに5年以上も練習生でいたイ・ギェフンがP NATIONに取られてしまいファンの間でも物議をかもしましたね!

第1ラウンドでスカウトする権利を持っているのはただ第2ラウンドで戦うためだけだったことがわかりました。

【視聴者の反応は?】

視聴者の反応①
視聴者の反応①
LOUDの仕組みを理解できていません。第1ラウンドは何だったの?
視聴者の反応②
視聴者の反応②
キャスティングラウンド?やった!!イ・ギェフンはまだJYPからデビューできるって事!?
視聴者の反応③
視聴者の反応③
どのようにオーディションが進むのか視聴者にわかるようにしてくれたらいいのに

などの声が上がりました!

疑問や要望が出るのは番組を楽しみにしている人が多くいるという事ですね!!

LOUD第9話は7月31日放送です!

≫≫LOUDのオススメ視聴方法は!?

 

【LOUD】イスンギの”スーパーエージェント”の役割とは!?9話『キャスティングラウンド』の見どころも紹介!!:まとめ

LOUDに8話から緊急参戦したイスンギの役割やプロフィールなどを紹介しました!!

「スーパーエージェント」としてイ・スンギの敏腕を改めて見れるのは嬉しいですね。

スーパーエージェントとしてMCも務めるイ・スンギはLOUDの最後まで参加者達を見守る事がわかりました。

歌手のよき先輩として参加者達を導いて欲しいですね!

そしてLOUD第9話から第5ラウンドへ突入します。

第5ラウンドは「キャスティングラウンド」となり、JYPとPSYのどちらの事務所でデビューを目指すかが決定します!!

LOUDも後半戦に入りより一層楽しさが増してきます。

日本人参加者は3人と少ないですが、残った3人は全員デビューをしてもらいたいです!!

『【LOUD】イスンギの”スーパーエージェント”の役割は!?9話キャスティングラウンドの見どころも紹介!!』を最後までご覧いただきありがとうございました。

≫≫LOUD9話あらすじネタバレ!

\LOUD日本独占配信!31日間無料公式ページに行く≫